ライフサイクルアセスメント

炭素繊維は環境に優しい材料です。

炭素繊維は、石油を精製して得たアクリロニトリルを紡糸、焼成して製造します。この際1000℃以上の高温で焼成しますので、炭素繊維1トンを製造する際に20トンのCO2を排出します。

炭素繊維は比強度・比弾性率に優れ、今後大きな成長が期待されます。

炭素繊維利用は地球温暖化対策に大きく寄与しています。

この炭素繊維の環境への影響を、LCA(ライフサイクルアセスメント)という手法により、原料採掘から炭素繊維製品の使用、廃棄までを含めたライフサイクルで評価しました。その結果、自動車に炭素繊維を使用して車体構造を30%軽量化した場合は炭素繊維1トン当たり50トン、航空機で機体構造を20%軽量化した場合は1,400トンのCO2削減効果が10年間のライフサイクルで得られます。

日本の乗用車(軽自動車を除く保有台数4200万台)や旅客機(保有機数430機)に炭素繊維を採用し、軽量化による燃費向上を図れば、そのCO削減効果は2200万トンになります。これは、2006年の日本国内CO2総排出量(13億トン)の約1.5%に相当し、炭素繊維はCO2削減の「切り札」となる地球環境に貢献する先端材料であることがおわかりいただけると思います。